2006年04月09日

夜の大阪城

VFSH0038.JPG

仕事帰りに途中下車。
大阪城の桜が見ごろかなぁと思って夜の大阪城散歩。
花見の人いっぱいいましたよ。



大阪喫茶散策ブログでは先にお知らせしたのですが、わたくし自身の転勤が決まり大阪の地を去ることになりました。

仕事やそれ以外の人のつながりができつつあり、自分にとっても第二のふるさとになっている大阪から離れるのはとてもさみしいです。
ですが、自分自身で選んだ道。
覚悟を決めて新しい場所に向かいます。

大阪散策の足跡を残そうとHPを立ち上げたのはほぼ2年程前です。
タグ打ちのみで苦労して作っていたのを思い出します・・・。
より簡単にできないかなぁ〜と思っていた中でめぐり合ったのがブログでした。
(まだその頃はブログよりも日記サイトが全盛でしたが)

飽き性の私は、長く続けられるようにとりあえず、見てもらう事を目的にするのではなく、自分の歩いた記録をとどめるような気持ちではじめました。
(今ではすっかり街歩きにはまってしまいました。)

ですが、何よりここまで続ける事ができたのは、こんな安易なブログにコメントを頂いた皆様、リンクしていただいた皆様、見に来て頂いていた皆様のおかげ以外の何ものでもありません。



本当にありがとうございました。



もうしばらくは大阪にいますので、暇を見つけては大阪散策をしつつ、ブログ更新をできたら・・・と思っています。

新しい地に移ってもブログができたらなぁ〜と思っていますが、その時はまたよろしくお願いします〜。


posted by がね〜しゃ at 00:56| Comment(35) | TrackBack(1) | 上町台地周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

大阪名物たこやき屋

05_03_21_12_46たこやき道場.jpeg

通りの向かいどうしにたこ焼き屋。(隣どうしにたこ焼き屋という場所もありますが・・・)
たこやき道場(上)とたこやき座(下)です。散策した日が連休中ということもありまして、他府県からやってきたであろう観光客で、どちらのお店もいっぱいでした。さすが!

05_03_21_12_47たこやき座.jpeg

「大阪人は一家に一台たこやき焼き器があるねんで〜」と言われたことがありますが、あながち嘘ではないですね。
posted by がね〜しゃ at 23:27| Comment(6) | TrackBack(2) | 上町台地周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月01日

愛染かつら

愛染かつら

愛染さんの境内には「愛染かつら」なるものがあります。

かつらの木にかずらが寄り添うように巻きついているのが、まるで男性と女性が寄り添っているように見えるので縁結びの霊木とされています。

艶やかですよ。
posted by がね〜しゃ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 上町台地周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛染さん

愛染さん

勝鬘院・愛染堂は四天王寺の別院。
愛染さんの「愛染」はご本尊が愛染明王なので、親しみを込めて愛染さんと呼ぶのだそうです。

赤の門がとても目立っています。境内にはぼけ封じの石があったり、哲学の石(座って思索にふけろということでしょうか?)があったりとなかなか面白い場所です。

大阪に現存する最古の木造建築物「多宝塔」があったりと歴史的にも見学する価値あり。
posted by がね〜しゃ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 上町台地周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月31日

大江神社

大江神社

愛染坂を登ったところに「大江神社」があります。

安居神社とは違って境内はかなり広く感じられます。
本殿裏側を覗いてみると、阪神タイガースの優勝を祈願したタイガース神社みたいなのがあるではありませんか。

狛犬が阪神のはっぴを着ている・・・。去年はさぞにぎわった事でしょう。今年は阪神の調子もいまいちだからか、静かにたたずんでいるようでした。
posted by がね〜しゃ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 上町台地周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛染坂(あいぜんざか)

愛染坂(あいぜんざか)

勝鬘院・愛染堂・・・通称「愛染さん」があるため、このように呼ばれたそうです。

清水坂のきれいに舗装された道路とは少し異なった雰囲気があります。坂の北側が神社ということもあって緑が多くとても趣深い坂道です。

posted by がね〜しゃ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 上町台地周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月30日

玉出の滝(清水寺)

玉出の滝(清水寺)

清水寺にある、大阪唯一の滝「玉出の滝」です。
ほんとに滝?って感じのものですが、京都の有名なお寺「清水寺」の「音羽の滝」を真似てできたものらしい。

滝の水にあたり修行をする人もいるようで、わたしが見学に行ったときも修行をした方と鉢合わせて少しびっくりしました。
posted by がね〜しゃ at 13:38| Comment(3) | TrackBack(1) | 上町台地周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水坂

清水坂

清水寺の北側にあるこの坂は清水坂(きよみずさか)と呼ばれ、綺麗に舗装されています。

清水坂周辺から西へ眺めると、高台になっているためとても眺めがいいです。大阪の市内を一望でき、梅田のビル群なども見えたりします。

このあたりが昔は海辺だったなどとはまったく思えません。

posted by がね〜しゃ at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 上町台地周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月29日

天王寺七名水

天王寺七名水

上町台地の井戸からは名水が湧き出ていたという。

天王寺七名水と言われた当時の面影を残すために、水がこんこんと湧き出て流れるようにしてあるようです。(写真はあいかわらず分かりにくく申し訳ないですが・・・)

あまりの暑さに思わず飲んでやろうかと思いましたが、踏みとどまりました。
posted by がね〜しゃ at 21:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 上町台地周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天神坂

天神坂

安居神社の北側階段を下りると、きれいに舗装された坂道が続きます。
安居神社(天神さん)に通じる道ということでこの名前がついたとのことです。

このあたりを歩いた日がひじょ〜に暑い日だったため、ここから坂道を登るのが非常につらかったです。
汗をかきまくってました。

高級住宅街なんでしょうね。素晴らしいおうちばかりで、「いいなぁ・・・こんな家を建てたいなぁ」なんて考えながら登りました。

posted by がね〜しゃ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 上町台地周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安居神社2

安居神社2

ひっそりとした安居神社の境内には、「真田幸村戦死跡之碑」があります。

真田幸村は戦国時代の名将。大坂夏の陣(元和元年−1615)のとき、茶臼山に布陣した幸村は、徳川家康の本陣を急襲しすんでのところまで追い詰めたとのことですが、怪我の手当てのために安居神社の一本松に腰をおろしているところを槍でさされ戦死したとのことです。

わたしが行ったときは、猫が碑の前で気持ちよさそうに寝ていました。このあたりには猫がたくさんいるようです。
posted by がね〜しゃ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 上町台地周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安居神社

安居神社

逢坂の碑のすぐ近くに「安居神社」があります。

藤原道真公が太宰府に左遷される途中にこの場所で少し安居(休憩)されたというので安居神社と称したといわれているそうです。

ビルの間の細い間道を歩くとひっそりとした境内に入ります。都会のかくれがのように、しんとした雰囲気を持っています。

■住 所 大阪府大阪市天王寺区逢坂1-3
■御祭神 菅原道真公
posted by がね〜しゃ at 21:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 上町台地周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月28日

逢坂(おうさか)

逢坂(おうさか)

上町台地が小高い丘になっているために、四天王寺のある天王寺区周辺にはたくさんの坂道があります。


で、有名な「天王寺七坂」というのがあります。
@真言坂(しんごんざか)
A源聖寺坂(げんしょうじざか)
B口縄坂(くちなわざか)
C愛染坂(あいぜんざか)
D清水坂(きよみずざか)
E天神坂(てんじんざか)
F逢坂(おうさか)

逢坂は現在の国道25号線なので、車の通行が激しいです。
新世界の通天閣がすぐそばにそびえたっています。


(あいかわらず見にくいですが、右上部にそびえたっているような2本の塔のようなもののうち、左側が通天閣です。右は多分たんなる電塔です。)


posted by がね〜しゃ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 上町台地周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月27日

四天王寺2

四天王寺2

西大門(極楽門)からみた五重塔。

門には「転法輪」という手で回すコマみたいなものが4基ついていて、くるくる回しました。

手で回すことにより「仏の法(のり)を教えて下さい」と挨拶代わりにしたのが起源なのだそうです。
(四天王寺のホームページより)
posted by がね〜しゃ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 上町台地周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四天王寺(してんのうじ)

四天王寺(してんのうじ)

地下鉄の駅から道幅の広い谷町筋を南へすこし歩くと見えてくるのが聖徳太子が建立したとされる四天王寺です。

中はとても広く、五重塔がそびえたっているので遠くからでもすぐわかります。
全国から拝観に来る方がいるためか、平日にもかかわらずにぎわっていました。
posted by がね〜しゃ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 上町台地周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四天王寺前夕陽ケ丘(してんのうじゆうひがおか)

四天王寺前夕陽ケ丘

「上町台地」は大阪市中心部から少し東寄りの地域一帯をさし、大阪と奈良を結ぶ交通の要所として古くから発展してきました。(大阪城あたりから南西に続く丘陵地帯で、かつてはこのあたりまでが海でした。)

今回は上町台地の西側、地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘」駅周辺を歩きます。(聖徳太子が建立した「四天王寺」の最寄り駅です。)このあたりは眺めもよく、情緒豊か。慈悲に満ちた視線が哀愁を誘い、この散策をより赴き深いものにしてくれる・・・に違いない。
posted by がね〜しゃ at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 上町台地周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。