2006年04月30日

大日駅前の様子

大日駅前.JPG

大日の変化が形になりつつあります。
ついこの間まで巨大な空き地だったのに・・・。

地下鉄一本で大阪梅田に出れる利便性。
巨大なバスターミナルからは関空、さらには夜行バスも出てる模様。

淀川の河川敷が近くにあるし、南へ下れば鶴見緑地。
(休日はゆっくりできます。)
京阪を使えば、京都まですぐです。

いつかきっとまたこの街に帰ってきたいなぁ〜。


たくさんのコメント、トラックバックありがとうございます。
また落ちついたら新しい場所でのブログを立ち上げますので、よろしくお願いいたします。

では。
posted by がね〜しゃ at 20:06| Comment(5) | TrackBack(3) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

近所の桜

桜.JPG

昨日のやな天気が今朝方までつづいていたみたいで、路面は雨でぬれていました。
が、空はすごいきれいな青空。
とてもすがすがしかったです。やはり春ですな。

早起きは三文の得。
posted by がね〜しゃ at 09:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

鶴見はなぽ〜と ブロッサム

ブロッサム.JPG

けっこう掘り出し物が見つかるアウトレット「鶴見はなぽ〜と ブロッサム」。

真ん中にあるのがスカイバルーン。
らせん状に上がるこの観覧車は機械故障のため動いてませんでした。

ベンチがあちこちにあるのでゆっくりできるのが好き。

まったりさせてもらいました。
posted by がね〜しゃ at 01:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

大日工事中

VFSH0028.JPG

周囲は白い壁で覆われていますが、一部透明な壁になっていて中の工事の様子を見る事ができます。
こんな風になっているんですな。
posted by がね〜しゃ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

大日駅前の様子

大日駅前.JPG

大阪市営地下鉄谷町線の「大日」駅前の空き地は、順調に工事が進んでいるようです。
先日、ついに2006年秋にイオンショッピングモールができることが告知されました。
posted by がね〜しゃ at 23:17| Comment(10) | TrackBack(3) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

地下鉄谷町線大日駅前

大日3.JPG

地下鉄谷町線大日駅前です。もとは駅前に大手電器メーカーの工場がありました。
が、数年前に撤退。一時期は放置されてましたが、ようやく開発が始まりました。
高くて白い壁が立ちはだかります。

VFSH0004.JPG

駅前の広い土地。大型商業施設が入るらしいとのこと。
この周辺は静かでいいところなんですが、大きく変わってしまいそうです。
posted by がね〜しゃ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商店街の風景

VFSH0002.JPG

駅近くの商店街。このあたりは京阪をはさんで商店街が続きます。
難波のような活気はありませんが、生活感溢れる下町の商店街といった感じ。

フライの店.JPG

おすすめの天ぷら屋さん。安くて具が大きくておいしい。
玉ねぎは必ずたのみます。
posted by がね〜しゃ at 04:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

脇道の風景

VFSH0004.JPG

西三荘から脇道に入ると、日本家屋が立ち並ぶ地域があります。
広くて大きな家がいくつかあり、いつも道を通るたびに
「こんな家で暮らしたいなぁ〜」なんておもったりします。

安月給の私にはマイホームはまだまだ夢の夢・・・。
posted by がね〜しゃ at 13:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

西三荘

VFSH0006.JPG

家の近所の京阪鉄道「西三荘」駅。近くには天下の松下電器の工場があります。
駅周辺は昔ながらの町並みを残す、情緒溢れた場所です。

西三荘.JPG

長い長いベンチがあります。よほどの事がない限り、絶対座れるのだ。
posted by がね〜しゃ at 21:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月29日

高瀬川跡

高瀬川跡

高瀬川跡にはこのような石碑があります。
このあたりが行基が架けた高瀬大橋があったとされる場所なのだそうです。

橋の維持管理のために、行基は高瀬橋院というお寺を造ったとされていますが、その位置ははっきりとはわかっていません。おそらくこの辺りにあったのでしょう。

このあたりは「時空(とき)の道」として、歴史散策ができるようになっています。
posted by がね〜しゃ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高瀬神社

高瀬神社

そのまま国道1号線を南に下り、少し東側に行くと大きな木に覆われた場所があります。

そこが「式内・高瀬神社」です。
当時はこの辺りに淀川が流れていたようです。
日本で公式に残る最も古い神社のひとつで、神社内には、
「さしのぼる高瀬の里のいたずらに 通う人なき五月雨の頃」
衣笠内大臣・・・という碑文がありました。

このあたりは、風情がとてもよかったのでしょう、平安時代は高瀬の里、高瀬の淀と言われ、とても親しまれた場所だったんだそうですよ。

posted by がね〜しゃ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地下鉄「太子橋今市」駅前交差点

地下鉄「太子橋今市」駅前交差点

豊里大橋からほんの少し南に歩くと、地下鉄谷町線の「太子橋今市」駅前の交差点にたどり着きます。
ここは東西に大阪の大動脈国道1号線が走っているため、非常に交通量が多くなっています。

行基の造った橋の遺構が、ここよりもさらに南に降った「本光寺」というお寺から発掘されたそうです。
今の淀川の流れと昔の流れがかなり違っているのを実感します。


■行基道


高瀬大橋から、大和(当時都があった奈良)へ続く道も行基が行った功績の一つです。いわゆる行基道。今はほとんど残っておらず、どこなのかはよくわかっていませんが、国道163号線(清滝街道)のもとが、行基道であったのではないかといわれているそうです。
posted by がね〜しゃ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊里大橋

豊里大橋

こちらがその「豊里大橋」です。
行基の時代にこれほどの大きな橋を建てることはできないにしても、淀川にかけるほどの橋であれば、かなり大きな橋を造ったことでしょう。
「高瀬大橋(たかせのおおはし)」はどれほどの橋だったのでしょうか?いずれにせよかなり大規模な事業だったことでしょう。


ちなみに・・・
豊里大橋が造られる以前は、渡し船によって対岸へ移動していました。「平田(へいた)渡」といわれたこの渡しは、昭和45年のこの大橋の建設により廃止されてしまいました。
水の街大阪にはまだ、渡し船が残っています。渡し船散策の旅もおもしろいかも。

posted by がね〜しゃ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

淀川

淀川

■行基(ぎょうき)


○天智7年(668年)〜天平勝宝元年(749年)
大阪府堺市に生をうけ、”広く民衆を救う”という仏教本来の姿に立ち帰り諸国を歩きその教えを広めます。彼は、池・道路・お寺・橋・港などの施設をつくり、社会事業まで行います。


行基はあちらこちらに多くの功績を残していますが、ここ守口も彼のお世話になっています。
守口市の北を流れる大きな川「淀川」。その淀川に「高瀬大橋(たかせおおはし)」を建設したとされています。



淀川の流れは当時と今ではまったく異なっています。現在は、その「高瀬大橋」がつくられたとされる場所の近くに「豊里大橋」というとても大きな橋があります。
posted by がね〜しゃ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

難宗寺のいちょう

難宗寺のいちょう

とにかく難宗寺のいちょうには圧倒されます。
お寺をおおいつくさんばかりの大きさ。

府指定天然記念物なのもうなずけます
posted by がね〜しゃ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

難宗寺

難宗寺

守口宿本陣跡の近くに、「難宗寺」というお寺があります。

こじんまりとして、非常に趣のあるお寺です。
このお寺には樹齢なんと400年程!といういちょうの木があります。お寺をおおいつくしてしまいそうな大きさです。

住所 守口市竜田通1-5-2
   (京阪本線 守口市駅下車 徒歩10分)
posted by がね〜しゃ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月27日

奈良街道2

奈良街道

京街道と奈良街道の分基点はこのように階段になっています。
奈良街道の歴史は古く、奈良時代の僧「行基」が関わってきます。

行基に関しては・・・堺市のホームページで。
posted by がね〜しゃ at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良街道

奈良街道

元禄堤から京街道を京都方面へ歩く途中に、奈良へと向かう道(奈良街道)への分岐点があります。

その道しるべが小さくぽつねんとあります。
posted by がね〜しゃ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京街道の雰囲気

京街道の雰囲気

道路は綺麗に舗装されており、写真のように京都と大阪の方角がしるされています。
posted by がね〜しゃ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

守口宿本陣(もりぐちしゅくほんじん)

守口宿本陣

陣とは大名・幕府役人などが宿泊した公認の宿舎。
この「宿」のはずれから、二里(8キロ)あまりで大坂・京橋(きょうばし)に到着。ここで「京街道」も「東海道」も終着となる。
今は守口宿の面影は無く、自転車置き場に立て看板があるだけ。
posted by がね〜しゃ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。