2005年12月18日

葭屋橋(よしやばし)・今橋(いまばし)

今橋1.JPG

中之島の南側を流れる土佐堀川から分岐する東横堀川にかかる橋が「葭屋橋(よしやばし)」・「今橋(いまばし)」です。
写真には大きく「いまばし」と書かれていますが、その左側にかかる橋が「今橋」。右側にかかる橋が「葭屋橋」です。(欄干にもちゃんとかかれてます。)

東西に走る土佐堀川に対し、東横堀川は南に下って大阪の中心部難波の道頓堀川へとつながっていきます。
中之島のレトロで華やかな雰囲気に対して、こちらは阪神高速が上を走りさみしい限りです。
東横堀川は大阪城の外堀として、豊臣秀吉が造らせたそうです。

今橋2.JPG

今橋3.JPG

葭屋橋から中之島を眺める。
水上バスが通ってました。
posted by がね〜しゃ at 11:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 難波八百八橋巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

桜宮橋(さくらのみやばし)

さくら.JPG

春になると川沿いは桜の花でいっぱいになるこのあたり。
さくらのみやとはよく言ったものだ〜と思ってましたが、江戸時代から桜の名所として有名だったんですね。

天気がいい日は最高の被写体になること間違いなしです。

05-08-27_18-36.jpg

全体が銀色ということで“銀橋”と呼ばれてるんだそうな。
近辺の風景にあう橋のデザインを考えて造る・・・大阪の橋にかける情熱ってすごいなぁと思います。
posted by がね〜しゃ at 09:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 難波八百八橋巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

川崎橋(かわさきばし)

hasi3.JPG

江戸時代、材木蔵やお役人の屋敷と京街道や大和街道をつなぐ「天満川崎渡し」があって、名前の由来はそこからきてるみたいです。
河岸公園地の橋として環境と調和するように設計に配慮されたので、土木学会から賞を受けているんだそうな。
明治に初めてこの場所に建てられた時は、私設の橋だったので通行料をとられたそうな。
「ぜにとり橋」と呼ばれたらしい。

川崎橋からは大阪城が見れるのです。

05-08-27_18-21~00.jpg

中之島公園と千里の万博記念公園を結ぶ大規模自転車道になってるみたい。
自転車の人をたくさん見かけました。
自転車もいいなぁ。
posted by がね〜しゃ at 08:33| Comment(9) | TrackBack(2) | 難波八百八橋巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

天満橋(てんまばし)

2.JPG

江戸時代は公儀橋とされていた重要な橋「天満橋」。天満橋・天神橋・難波橋の三橋は「浪華の三大橋」と呼ばれたのだそうな。
今も昔も重要な交通路だったのでしょう。

天満橋付近.JPG

松坂屋が撤退し、京阪天満橋にできたシティモ。松坂屋はやはり名古屋でしか活躍できないのか〜?!

05-08-27_18-14.jpg

天満橋の交差点。シティモの向かい側です。
上にも道路が走っていて暗い感じでした。難波橋や天満橋に比べると開放感がないなぁ〜。
posted by がね〜しゃ at 08:15| Comment(9) | TrackBack(0) | 難波八百八橋巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

淀屋橋(よどやばし)

05-09-06_10-13.jpg

大阪で暮らしていて一番馴染みのある方が多い橋なのではないでしょうか。
大阪のメインストリート御堂筋の土佐堀川に架かる橋「淀屋橋」です。
大江橋とセットで大阪市指定文化財になっております。
この橋も大江橋同様、周辺の景観デザインを考えられて建設されています。

05-09-06_10-14.jpg

土佐堀川の看板。このあたりには江戸時代、各大名の蔵が立ち並んでいたのだそうな。
車などなかった時代、船が運送業で重要な役割を担っていたので川沿いが発展するわけですね。

05-09-06_10-15.jpg

大きな建物が大阪市役所。

05-09-06_10-15~00.jpg

この淀屋橋は、江戸時代初期に活躍した豪商・淀屋が私財を投げ打って架けられたとされています。
ただ、事実かどうかは確認できていないようです。
posted by がね〜しゃ at 14:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 難波八百八橋巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

大江橋(おおえばし)

05-09-06_10-09.jpg

都市部に大きな川が流れる大阪には「橋」のある風景をよく見る事ができます。
江戸時代に「公」、いわゆる幕府がかけた橋を「公儀橋」といい、
町人たちが幕府に頼らずかけた橋を「町橋」というのだそうですが、
大阪ではほとんどが町橋。
通天閣もそうですが、大阪ってやっぱりすごいなぁ〜。

05-09-06_10-09~00.jpg

大江橋は大阪を南北に貫く大動脈「御堂筋」にあり、堂島川に架かる巨大な橋です。
堂島川と土佐堀川に挟まれた地域が「中之島」。
このあたりの雰囲気は大好きで、休日にはよく散策をしています。
絵をかいたり、写真を撮ったりする人もいっぱいいます。

05-09-06_10-10.jpg

その中之島には大阪市役所。大きい・・・。

05-09-06_10-10~00.jpg

大江橋から中之島(大阪市役所の向かい側)を眺める。
向かいには日本銀行大阪支店があります。
橋のデザインはこのあたりの建物や風景に非常に合ってます。

05-09-06_10-10~01.jpg

中之島とは川を挟んで反対側の風景。
こっちは昔ながらのしぶ〜い建物が並んでいたリするのです。

米市場.jpg

このあたりはかつて堂島米市場が開かれていたのだそうな。
米の価格が決まるほどの取引が行われていて重要な市場を形成していたのだそうな。

関係ないですが、このすぐ近くによくいく珈琲屋「なかおか珈琲」があります。
川の流れと中之島の風景を眺めながら、おいしい珈琲をゆっくり飲むのが休日の楽しみであります!

詳しくはこちら

大阪市指定文化財やったんですね〜!
posted by がね〜しゃ at 00:44| Comment(3) | TrackBack(1) | 難波八百八橋巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。