2004年11月30日

全興寺(せんこうじ)

全興寺

「全興寺(せんこうじ)」は、聖徳太子によって建てられたと伝えられ、この薬師堂から平野の街が形成されたことから平野の町発祥の地といわれているお寺なのだそうな。
境内はとても遊び心に満ち溢れた面白い構造になっています。
「ほとけのくに」「仏足石」「地獄堂」・・・。きっと面白い和尚さんなんでしょうね。
境内には「駄菓子屋さん博物館」があり、昔懐かしいおもちゃや電化製品が並んでいます。手打ちのパチンコ台が良い!
お寺自体はそれほど広くないですが、(どちらかというと狭い)あちこち面白い仕掛け?がなされており飽きさせません!

閻魔大王

地獄堂には閻魔大王が睨みをきかせています。ここでは地獄が再現されているのだ。

posted by がね〜しゃ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 大阪市南周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月29日

小林新聞舗

朝日新聞

レトロな石造りの建物が目を惹く「小林新聞舗」。創業明治22年、大坂市内でもっとも古い朝日新聞販売店なのである。実はここは「新聞屋さん博物館」。ここには明治からの新聞や号外が展示されている

開館日:毎月第4日曜 9:00〜17:00
場所: 平野本町4ー12ー3 (全興寺のとなり)

posted by がね〜しゃ at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 大阪市南周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月25日

含翠堂(がんすいどう)

含翠堂(がんすいどう)

自治意識の強い平野の人々は、日本最古の民間学問所であった含翠堂(がんすいどう)を創立します。江戸時代から明治の学制発布までの約1世紀半の歴史を持つ。
今ではその碑が残るのみ・・・。



posted by がね〜しゃ at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 大阪市南周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月24日

杭全神社境内

杭全神社境内

杭全神社境内です。この日は七五三で、家族連れで賑わっていました。
市内の神社の中ではかなり広いのではないのでしょうか。中には公園もあり子ども達が元気に遊んでいました。

年に一度のだんじり祭りではこのあたり一帯はものすごい人が集まり、活気に満ち溢れます。
posted by がね〜しゃ at 22:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 大阪市南周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月22日

杭全神社環濠跡

杭全神社環濠跡

環濠集落の跡。自治都市であった平野地域は、戦国時代には堀をめぐらし外敵から街を守っていた。今では堀の跡はほとんどなく杭全神社(くまたじんじゃ)の境内近辺にわずかに見られるだけである。

堀
posted by がね〜しゃ at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 大阪市南周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月18日

杭全神社(くまたじんじゃ)

杭全神社

平野地域において重要な神社、「杭全神社」。「くまたじんじゃ」と読みます。
毎年7月に行われる平野のだんじり祭りは、この神社をめざし町のだんじりが集まってきます。平安初期まで時代がさかのぼれるので、平野が開けたときからある由緒ある神社です。

杭全神社前

↑鳥居前の交差点。祭りのときはスゴイ人になります。警察も出動します。
posted by がね〜しゃ at 19:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 大阪市南周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月17日

平野の町並み

平野の町並み

平野の町を歩いていると、所々古い家が軒を並べています。
戦国時代、周囲に堀をめぐらし外敵から街を守りつつ、街の政治も町民自ら行っていました。その意識が代々受け継がれていったことから、大阪市内でもとりわけ仲間意識の強い独特の街が創られているのではないかと思います。

歴史的にもこのあたりは早くから発達していたようです。
古くは坂上田村麻呂の第2子廣野麿が平野地区周辺を領有し、定着したとのこと。
(坂上田村麻呂の時代となると平安時代初期あたり)

街全体がとても落ち着いた雰囲気をもっています。
posted by がね〜しゃ at 19:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 大阪市南周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月16日

大念佛寺(だいねんぶつじ)

大念仏寺

融通念仏宗の総本山。
歴史は坂上氏の菩提所修楽寺の別院であったが、
大治ニ年(1127年)開祖聖応大師(良忍上人)
が鳥羽上皇の勅願によって新しく一寺を建立されたもの。
〜看板より

木造の建物では大阪府下最大のものであります。門をくぐってその本殿の大きさに圧倒されると思います。この日は天気もよく、青い空に大念佛寺の本殿が突き抜けていくような・・・そんな感じを受けました。
ちなみに、幽霊画を保管していることでも有名。どこからみても絵の中の幽霊の瞳が、見ている人間をじっと見据えているように描かれている・・・とのこと。期間中にしか見れないそうです。

大念佛寺門

↑立派な門をくぐると、本殿が見えてきます。

壁にある看板

↑電話での法話もあるそうです。
posted by がね〜しゃ at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪市南周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月15日

JR平野駅

JR平野駅

大阪市内でも比較的大きな区「平野区」。
南部の喜連(きれ)・瓜破(うりわり)・長吉(ながよし)地域、中央部の平野(ひらの)地域、そして北部の加美(かみ)地域で形成されています。
今回は古い街並みと多数の神社・仏閣が残る平野地域を歩いてみました。

「堺」が戦国時代に自治都市として機能していたことは有名ですが、ここ「平野」も堺に並ぶ自治として発展しました。その名残が町のあちこちに残っています。

平野地図

↑平野駅から南へ降りたところにある公園。そこに平野散歩コースがかかれた地図があります。
posted by がね〜しゃ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪市南周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。