2004年09月29日

高瀬神社

高瀬神社

そのまま国道1号線を南に下り、少し東側に行くと大きな木に覆われた場所があります。

そこが「式内・高瀬神社」です。
当時はこの辺りに淀川が流れていたようです。
日本で公式に残る最も古い神社のひとつで、神社内には、
「さしのぼる高瀬の里のいたずらに 通う人なき五月雨の頃」
衣笠内大臣・・・という碑文がありました。

このあたりは、風情がとてもよかったのでしょう、平安時代は高瀬の里、高瀬の淀と言われ、とても親しまれた場所だったんだそうですよ。

posted by がね〜しゃ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。