2004年09月29日

淀川

淀川

■行基(ぎょうき)


○天智7年(668年)〜天平勝宝元年(749年)
大阪府堺市に生をうけ、”広く民衆を救う”という仏教本来の姿に立ち帰り諸国を歩きその教えを広めます。彼は、池・道路・お寺・橋・港などの施設をつくり、社会事業まで行います。


行基はあちらこちらに多くの功績を残していますが、ここ守口も彼のお世話になっています。
守口市の北を流れる大きな川「淀川」。その淀川に「高瀬大橋(たかせおおはし)」を建設したとされています。



淀川の流れは当時と今ではまったく異なっています。現在は、その「高瀬大橋」がつくられたとされる場所の近くに「豊里大橋」というとても大きな橋があります。
posted by がね〜しゃ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 守口・門真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/698812

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。