2005年02月14日

南海電鉄玉出変電所

変電所2.jpeg

南海電車と交差した後に阪堺電車は大通りを通る電車になります。
阪堺電車が大通りを走るようになるその場所にレンガ造りの「南海電鉄玉出変電所」があります。アーチ型の窓が特徴的。

変電所.jpeg

明治時代に建てられたものだそうです。

大通り.jpeg

車と一緒にちんちん電車が走ります。
posted by がね〜しゃ at 22:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 西成・阿倍野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしぶりです^^;どんどん進んでますね。すこしづつ私が見た事無いぞーんにはいりつつありますね。楽しみにしてます!
Posted by かさはら at 2005年02月16日 06:40
このあたりを散策するとなかなか面白かったんだろうと思ったんですけど、残念ながら疲れて電車に乗ってしまいましたっ!!切腹!!・・・ですね。
Posted by がね〜しゃ at 2005年02月16日 19:56
ハタさんのブログから来ました!
http://osakahugikai.seesaa.net/

この変電所は旧南海本線玉出駅(現在の岸里玉出駅)の駅舎と共にできたものだそうです。
駅舎の保存運動もしたのですが、残念ながら取り壊されて、南海コンパスカードの絵柄にのみ残りました・・・

私の子どもの頃はチンチン電車には車掌さんがいて中で切符を売ってましたよ〜^^

@河内生まれの西成育ち人
Posted by なすか at 2006年04月19日 22:45
>なすかさん
そうなんですか!
阪堺電車の旅をしたのは1年程前でした。
たまたま見たホームページにこの変電所の紹介記事を見て、自分も見てみようと思ったのがきっかけです。

駅舎も残って欲しかったですねぇ〜。
Posted by がね〜しゃ(管理人) at 2006年04月30日 20:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1942519

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。