2005年02月07日

天下茶屋商店街

天下茶屋商店街2.jpeg

天下茶屋商店街はシャッターが閉まった店舗も多々見られましたが、開いているお店はゆったりまったりとした雰囲気で商売をしてました。

天下茶屋商店街.jpeg

何より道幅が狭い!

posted by がね〜しゃ at 23:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 西成・阿倍野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天下茶屋商店街いいですね。なんか、雰囲気が好きなんです。寂れてそうで、寂れない。元気な人もいて、そして、なんか時代をかんじさせて
Posted by かさはら at 2005年02月08日 22:40
「大阪の街」を肌で感じるには商店街を歩くのが一番かもしれませんね〜。
まだまだいろんな場所にたくさんの商店街が大阪には残っていますからね。
Posted by がね〜しゃ at 2005年02月09日 21:24
そう!商店街って大手スーパー等に無い、人情って奴が強みですよね?スーパーは合理化のせいであっけなく感じるんですよね。人によっては気兼ねしなくていいみたいな事を言うのですが、私は人情味あふれる店のほうが好きです
Posted by かさはら at 2005年02月10日 00:56
おはようございます、ちょっと体調が良いので久々の書き込みです。

相変わらず良い感じの写真と飾らない淡々としたコメントがマッチしてますね。
大阪にぴったりと密着してて良い感じです。

あのですね、ブログを引っ越したんです(^^ゞ
トラバしようと思ったんですが、いきなりでは失礼かと思ってお知らせにきました。

下町好き?の僕ですので、がね〜しゃさんと重複する写真もあるとは思いますが、これからもよろしくお願いしますね。

Posted by 上野 at 2005年02月10日 08:37
お体どうですか?
上野さんのブログがリンク切れしていたので、どうしたのかなぁと思っていたんですが、引越しされていたんですね。
大々的に紹介して頂いてありがとうございます。
それにしても、ちんちん電車の写真、本当に見事見事です!

懐かしくて温かみのあるちんちん電車はこれからもずっと現役で頑張ってほしいですね。
Posted by がね〜しゃ at 2005年02月11日 05:21
>かさはらさん

私の実家(名古屋)も大型スーパーの建設ラッシュで地元の商店街は軒並みつぶれてしまいました。
私の地元の連れは商店街のお店の子が多かったので、いろいろ大変だったという話をよく聞きました。

大阪はアイデアと行動力に富む人が多いせいか、商店街の人たちも団結していろんなことに取り組んでいるのを見て、とても頼もしく思ったりします。

Posted by がね〜しゃ at 2005年02月11日 05:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1861978

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。