2005年02月28日

湊町リバープレイス

04_12_23_16_44.jpeg

リバープレイスという名前だけあって、川べりが歩けるように綺麗に整備されています。
水辺と人のふれあいを取り戻そうという「道頓堀川水辺整備事業」の一環であります。

04_12_23_16_43.jpeg

橋を渡って北に向かいます。南堀江をめざす。
posted by がね〜しゃ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 難波周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

湊町リバープレイス「なんばHatch」

04_12_23_16_33.jpeg

湊町リバープレイスに建てられた巨大な八角形の建造物、「なんばHatch」。FM OSAKAが入っていて、ここではジャズ・ロック・ソウル・ブルースなどなど様々なライブが行われます。ちなみにオールスタンディングなのだそうな。
関西の音楽シーンを盛り上げるべく、いろいろな活動がなされているようです。

04_12_23_16_47.jpeg

しかし・・・無駄に巨大・・・?
posted by がね〜しゃ at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 難波周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

大阪シティーエアターミナル(OCAT)

04_12_23_16_37.jpeg

大阪負の遺産といわれる湊町開発。その中核施設として造られたのが「OCAT」。

JR難波駅を基点に近鉄・地下鉄(御堂筋線・四つ橋線・千日前線)などの乗り継ぎも数分でできますし、関空へは関空特急「はるか」ですぐに行けるので大阪の空の玄関としても機能していく・・・・はずだったが、結局破綻。難波の繁華街から少し離れているということもあり、この大きなビルもそれほどにぎわっているわけではない。

posted by がね〜しゃ at 22:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 難波周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

住吉鳥居前

04_11_08_14_52.jpeg

天王寺方面へと帰ります。

住吉鳥居前からは堺方面へまだまだ電車は進んでいきます。堺市は関西の海の玄関だったこともあり、歴史も古く見たい場所がたくさんありますがまた次回。

恵美須町から住吉大社までは20分弱の電車旅。歩いたらかなり時間がかかったのですが、電車なら意外と早い!(当たり前・・・)
posted by がね〜しゃ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 住吉・堺周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

住吉大社本殿

本殿.JPG

第三本宮から第一本宮まで縦に連なる珍しい建築配置。海の神様ということで、海上を進む船団を表現しているとか。
全部で4つある本宮はすべて国宝。
posted by がね〜しゃ at 02:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 住吉・堺周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

住吉反橋(すみよしそりばし)

han012.jpeg

住吉大社の鳥居をくぐるといきなり現れる急な階段を持つ橋。これが「住吉反橋」。
着物の女性はどうやって渡るのか少し疑問に感じますが、「大阪橋ものがたり」というHPによると、「人々に神社に入るという心構えを起こさせる演出の一つであろう」とのこと。

han013.jpeg

しっかり踏ん張って渡りましょう!
posted by がね〜しゃ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 住吉・堺周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

住吉大社

住吉大ミ.JPG

住吉大社鳥居前です。ここが大阪で最も有名な神社のひとつ「住吉大社」です。平日でもぽつぽつと観光客らしき人々がいます。

関西一の初詣客を誇る。
初めて私が住吉大社を訪れた時の感想は「結構小さいかな?」でした。
というのも、名古屋で育った私は「熱田神宮」によく詣でていたからです。熱田神宮以上に初詣客が多い住吉大社なので、もっともっと広い神社かと思っておりました・・・( ̄◇ ̄;)

posted by がね〜しゃ at 19:42| Comment(6) | TrackBack(1) | 住吉・堺周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

塚西

塚西.jpeg

天神ノ森→東玉出→塚西と歩き、恵美須町から9区間。このあと東粉浜→住吉→住吉鳥居前ときて、大阪で最も有名な神社のうちの一つ「住吉大社」に到着するのですが、さすがに疲れてしまい電車に乗ってしまいました・・・。

posted by がね〜しゃ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 西成・阿倍野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

南海電鉄玉出変電所

変電所2.jpeg

南海電車と交差した後に阪堺電車は大通りを通る電車になります。
阪堺電車が大通りを走るようになるその場所にレンガ造りの「南海電鉄玉出変電所」があります。アーチ型の窓が特徴的。

変電所.jpeg

明治時代に建てられたものだそうです。

大通り.jpeg

車と一緒にちんちん電車が走ります。
posted by がね〜しゃ at 22:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 西成・阿倍野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

阿部野神社その2

阿倍野神ミ詩歌の道.jpeg

参道から本殿に向かって歩く途中にある阿部野神社詩歌の道。(祭神・北畠親房公をしのぶ詩歌の道「あじさいの道」)
センサーがあり門をくぐったと同時に音楽が流れ少しびびる。

阿倍野神ミ5.jpeg

本殿。静かな場所だなぁと思っていたのが、突如バスツアーらしき団体(おじちゃんおばちゃんの集団)がわらわらと現れ、いきなり凄い人数となりまたびびる。

阿倍野神ミ3.jpeg

もしや亡くなられた有名なあのお方・・・?
posted by がね〜しゃ at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 西成・阿倍野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

阿部野神社

阿倍野神ミ参道.jpeg

天神ノ森駅は神社に挟まれた駅です。西に天満宮、東にこの「阿部野神社」があります。
線路を渡ると神社の参道に入り、子供達が元気になわとびで遊んでいました。ここも天満宮のように住宅街にあり、とても静かに時が進んでいるようでした。

阿倍野神ミ.jpeg

参道を少し歩くと鳥居が見えてきます。
阿部野神社は南北朝時代(後醍醐天皇がでてくる時代)の南朝の忠臣、北畠顕家(きたばたけあきいえ)と父親房の両公が祀られています。
posted by がね〜しゃ at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 西成・阿倍野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

天神ノ森天満宮

天満宮2.jpeg

「聖天坂」駅の次の駅「天神ノ森」すぐ西には『天神ノ森天満宮』があります。静かな住宅街のなかにひっそりとその神社はあります。

■天満宮は別名を「紹鴎(じょうおう)の森」ともいい、千利休の師武野紹鴎(たけのじょうおう)が茶室を構えたところといわれています。また、秀吉が淀君の安産を祈願したと伝えられる「子安石」があることから、「子安天神」ともよばれています。この天満宮横を通る旧紀州街道の西側には、秀吉が茶の湯をたしなんだといわれる「天下茶屋跡」の碑があります。

               〜阪堺電車ホームページ沿線紹介より。

天満宮.jpeg

本殿は木々に覆われてどっしりと鎮座しています。

天満宮子安石.jpeg

境内には立派な木が立ち並んでいます。本当に静かな所でした。
posted by がね〜しゃ at 21:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 西成・阿倍野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

聖天坂(しょうてんさか)駅

聖天坂.jpeg

阪堺鉄道「聖天坂(しょうてんさか)駅」です。恵美須町駅を始発駅に7駅目。疲れたので誰もいない無人のホームでしばらくゆっくり眺めておりました。




posted by がね〜しゃ at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 西成・阿倍野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

天下茶屋商店街

天下茶屋商店街2.jpeg

天下茶屋商店街はシャッターが閉まった店舗も多々見られましたが、開いているお店はゆったりまったりとした雰囲気で商売をしてました。

天下茶屋商店街.jpeg

何より道幅が狭い!

posted by がね〜しゃ at 23:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 西成・阿倍野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

今船から松田町へ

han010.jpeg

今池から今船、松田町とてくてく歩きます。松田町を越えたあたりから再び街中を走る阪堺電車が見られます。

han009.jpeg

線路づたいを歩くことができない場所は、途中路地に入って散策したりしました。
肩と肩が触れるくらいの細い道。
posted by がね〜しゃ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 西成・阿倍野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月02日

今池へ

han008.jpeg

高架をくぐり左手に阪堺電車の線路を見ながら歩きます。歩いている途中、一斗缶に火をたいて暖をとり、談笑しているおっちゃん達や賭け事(おそらくカブ)をやって盛り上がっているおっちゃんらがいました。

今池の商店街では人と人とのコミュニケーションがすごいなぁと思う場面に出くわしました。年配のおばちゃんと、若いおねーちゃんが大きな声で「久しぶりっ!」とハイタッチをしていたのです。下町っぽさを感じたひと時でした。
posted by がね〜しゃ at 21:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 西成・阿倍野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

阪堺電車高架橋

han007.jpeg

阪堺電車は南霞町から今池駅に向かう途中から高架を走ることになる。阪堺電車は一般道、高架、生活道路みたいな場所を走ったりと多種多様な様相を見せてくれる。
線路のすぐ横を歩くことができなくなるので高架をくぐりなるべく線路を見ながら歩けるように西成の奥深くを歩く。

途中、おっちゃんが独り言なのか私に向かってなのかわからないが、止めてあるたくさんの自転車を見て「西成は自転車が多いわ、本当に多すぎるわ」と何度も何度もしゃべっていた。

この高架をくぐり今池駅前の商店街に向かう。
posted by がね〜しゃ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 西成・阿倍野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。