2004年12月28日

芭蕉庵(梅田スカイビル店)

芭蕉庵

写真は「芭蕉庵(ばしょうあん)」特製の抹茶わらび餅が入ったパフェ。
ボリュームがあって美味!

もちもちの笑美餅(わらびもち)がおいしい「芭蕉庵(ばしょうあん)」。
試食もどんどん食べさせていただけるので、食べたことのない方は是非。
そして、ここの特徴はなんといっても、自分できなこを石臼で挽くことができるということ。ごりごりごりごり挽きます。

きなこ

↑こんな感じです。結構大きな石臼。

きなこ2

↑きなこが出来上がっていきます。

きなこ3

↑はけで集めます。

きなこできあがり

↑できあがり。わらび餅にかけて食べます。美味!


posted by がね〜しゃ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪名物店巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

お好み焼き「きじ」(新梅田シティー)

きじ(新梅田シティー)

大阪お好み焼きの大御所。「きじ」。
大阪のお好み焼きはどこもおいしい。わたしは大阪出身ではないので、初めて大阪でお好み焼きを食べたときの感動は今も忘れない。そして初めて食したのが実はここでした。
食事時はいつも満員ですな。ここは。

こちらの店舗は支店で、本店は新梅田食道街というのはJRの高架下にあります。
浪花お好み焼き三昧さんのところでさすがにきっちり記事が載っています!
posted by がね〜しゃ at 09:21| Comment(7) | TrackBack(2) | 大阪名物店巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月25日

喝鈍(新梅田シティー)

喝鈍(新梅田シティー)

滝見小路イチオシのお店の一つ。「喝鈍(かつどん)」。
ここのカツ丼のカツは本当にさっくりしています。半熟卵とわりしたの絶妙な絡み具合に、なんといってもここはご飯がおいしい!一粒一粒のお米の感覚がしっかり残っている。お米の味にもこだわりがあるんでしょうね。

ソースカツ丼もあり、懐かしいお味が堪能できます。
posted by がね〜しゃ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(2) | 大阪名物店巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月21日

滝見小路

滝見小路1

梅田スカイビルの地下には昭和の雰囲気を持った食堂街があります。今でこそあちこちにレトロな雰囲気をもった食堂街が増えてきていますが、大阪の元祖中の元祖がここ滝見小路なのではないかと思います。中に入っているお店も非常にオススメできる所ばかり。デートスポットにばっちりですよ。ここは。

滝見小路

↑井戸。わたしのば〜ちゃんちに今もあります。

滝見小路2

↑昔の車「ミゼット」があります。
posted by がね〜しゃ at 20:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 梅田周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月19日

梅田スカイビルのクリスマス

ツリー

梅田のスカイビルではドイツクリスマスマーケット2004を開催しています。
高さ27m、電飾10万球、世界最大級のクリスマスツリーが飾られており、その輝かしさは最高ですよ。

(わたしの相棒vordafoneのJ-sho10の写メールでは、皆様にその素晴らしさを伝えることができない・・・ということでいろいろブログを拝見させていただいていたら「パソコントラブル出張修理・サポート日記」さんのところで綺麗な写真をお撮りになっていたのでトラックバックさせていただきました。)

ワインにビールにフランクフルト。クリスマスの飾りつけなども販売されており、日本にいながらドイツのクリスマスの雰囲気を味わえます。

木製メリーゴーランド

↑世界で4つしかないんだそうな。木製のメリーゴーランド。ゆっくり動く。
posted by がね〜しゃ at 11:59| Comment(4) | TrackBack(4) | 梅田周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

梅田地下道

梅田地下道

JR大阪駅から北西方面を見るとどっかりと大きなビルが建っているのがすぐにわかるでしょう。「梅田スカイビル」です。

屋外に出られる空中庭園展望台は大阪全域を眺めることができます。ビルの地下には昭和の街並みを模した食堂街があり、地上には小さな森や川が造られていてせわしない都会で「癒しの場所」を提供してくれます。

が、ここに行き着くには少々長い地下道を通らねばなりません。はじめてわたしがこの場所に行こうとしたとき、ビルが見えるのになぜビルにたどり着くことができないのだ!と思ったものでした。梅田の少し複雑な建物配置がこのような状況を作ってしまうのですが。
posted by がね〜しゃ at 11:06| Comment(2) | TrackBack(1) | 梅田周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月17日

新御堂筋

新御堂筋

ようやく大通り。大阪の大動脈御堂筋の支流、新御堂筋です。
御堂筋一帯はイチョウの木がずらっと植えられているので、秋の季節はぎんなんの香りでいっぱいになります。
この辺りにはアメリカの総領事館があり、警察官の厳戒な警備がなされています。
イラク戦争勃発時にはデモがあったりと騒然としていたのを覚えています。

posted by がね〜しゃ at 21:38| Comment(2) | TrackBack(1) | 梅田周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月15日

なかおか珈琲(中之島)

なかおか珈琲

裁判所から御堂筋へ歩く途中に「なかおか珈琲」はあります。丁寧にたてられた、自家製焙煎炭火珈琲はとても上品で濃くのあるお味。これがなんとおかわり自由!さらに平日はなんと24時間営業。
歩きつかれたら堂島川をながめつつおいしい珈琲を飲むのが最高です。

大阪市北区西天満2丁目5番3号 深川ビル1階
営業時間
月〜土 AM 12:00〜AM 12:00 24時間営業
日・祝 AM 7:00〜PM 6:00
posted by がね〜しゃ at 20:34| Comment(3) | TrackBack(2) | 大阪珈琲店巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月14日

蔵屋敷跡

蔵屋敷跡

裁判所のとなりの関電ビルの裏には、ひっそりと蔵屋敷跡があったりします。

トラックなどの輸送機関が当たり前になかった江戸時代、船がその大きな役割を果たしました。都市部に川がたくさん流れている大阪は、この川を利用して各地のさまざまな産物を集め、それを川べりにたてられた蔵に貯蔵したのです。
各藩がこぞって蔵をたてたので、大阪は「天下の台所」とよばれるようになりました。

posted by がね〜しゃ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 天満・南森町周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月12日

大阪高等裁判所

大阪高等裁判所

近畿全域を管轄する巨大裁判所。非常に大きくどっしりとしております。
すぐ横には堂島川が流れており、対岸には中之島公会堂や大阪市役所がありひそかにのんびり散歩するにはいい場所です。
江戸時代は佐賀藩邸の跡地だったのだそうだ。

posted by がね〜しゃ at 13:08| Comment(5) | TrackBack(0) | 天満・南森町周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

コーヒー「カンタータ」(西天満)

カンタータ

草木に囲まれた中に、懐かしいポスト。懐かしい看板・・・。なんだここは?と思っていたら、珈琲屋さんでした。
ギャラリーが多数ある西天満ならでは・・・なのか?

気の弱いわたしは中に入れませんでしたヽ(  ̄д ̄;)ノ
今度は必ず潜入するぞぉ〜!
posted by がね〜しゃ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 天満・南森町周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月06日

西天満・老松通り

ギャラリー街道

大阪港高等裁判所近辺はひそかにギャラリー・画廊がたくさん並んでいます。
綺麗に舗装された道路に、洋画・日本画問わずさまざまな作品が並んでいます。

梅田方面から天神さんにお参りに来る人々の参道になっていた老松通り。今でも、古い町並みが残りつつ一大アート街を形成しています。
絵画を見ながら散策ができます。
posted by がね〜しゃ at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 天満・南森町周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月05日

無茶空茶(にしてんま)

無茶空茶 館

西天満の静かな住宅街。このあたりはまだまだ、昔ながらの家屋が残っていたりします。そんな昔ながらの町屋を改造したとても落ち着ける中国茶館が、「無茶空茶」というお店。
町屋の雰囲気をきちんと残した趣深い店内で、本格的な中国茶が楽しめます。

見て楽しみ、香りを楽しみ、飲んで味わう。最高の時間を過ごせました。

〒530-0047 大阪市北区西天満3-9-12
TEL:06-6361-6910
営業時間:12:00〜21:00(日祝休)

お茶

↑並べてもらってどれを飲むか注文します。

お茶

↑土瓶がいい!

お茶

↑相方は菊花茶を頼みました。
posted by がね〜しゃ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 大阪名物店巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月04日

ロイスの店(西天満)

ロイスの店

西天満は何度か散策しているのですが、その度に非常に気になっているお店。
わたしが通りかかるときはいつもやっていないのです。店先にはテレビで紹介されました〜なんて書いてあるので、味はいいんだろうなぁ〜と思いつつ通り過ぎます。

ネットで調べてみると、★浪花お好み焼き三昧★さんのブログで紹介されているではありませんか。営業時間が11時〜14時なので、わたしが通り過ぎるときはいつも営業時間が終わっていたわけですね。

おいしそうです。
posted by がね〜しゃ at 16:26| Comment(7) | TrackBack(1) | 天満・南森町周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月02日

たるやはし

樽屋橋

大鳥居をまっすぐ西へ歩くと高速道路の下をくぐることになります。
ここには、「たるやはし」と記された橋の跡があります。

水の都と言われる大阪はあちこちに良質の水脈がありおいしい湧水があったようです。
そのため、この天満地域も江戸時代から昭和初期まで酒造りで有名な街だったのだそうです。
大阪・天満の地は、江戸時代から昭和の初めごろまで続いた酒造りの街でした。旧町名にも「樽屋町」(由来は酒樽?)など、酒造りに関連したものがあるようで、この「たるやはし」もその名残なのでしょうか?

posted by がね〜しゃ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 天満・南森町周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

西天満(にしてんま)

天神さんの鳥居

天神橋筋1丁目商店街を抜け、一つ西の大通りにある大鳥居。
ここからさらに西側へ向かい、西天満へ向かいます。

西天満周辺は、裁判所やオフィスが並び堅苦し〜い感じと思いきや、ひそかにレトロな雰囲気が残っていたり、ギャラリーやカフェ、レストランや喫茶店などいろいろ面白いお店があったりするんです。

天神橋筋から歩いてみました。
posted by がね〜しゃ at 21:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 天満・南森町周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。